お使いのブラウザでは、正確に表示できない場合がございます。ブラウザを最新のバージョンにアップデートしてご利用ください。

コンピューターを駆使して社会の価値を創造する
Language 文字のサイズ
サイトマップ

社長挨拶

ここから本文です

素晴らしい自然に囲まれた山梨で新たな歩みが始まります。代表取締役 長坂 正彦の写真

 山梨県北部に位置する北杜市武川町に、日本三大桜の一つ「山高神代桜」があります。 2000年という年輪を刻み、悠久の時を超え今に息づく日本最古の桜は、毎春たくさんの花を咲かせ、人々を魅了し続けています。 巨木であり老木の姿ではありますが、自然環境の幾多の激変を乗り越え、風雪に耐え生育し続ける生命力とその高い順応力に多くを学び、感動を覚えます。

 弊社は、1966年の創業から半世紀の歴史を経て、新たな50年の歩みを始めます。 創業以来「コンピューターを駆使して社会の価値を創造する」との理念のもと、時代の移り変わりに適合する柔軟性を大切にしながら、着実に年輪を重ねてまいりました。 我々の使命は、この歴史の中で培ったICTに関するノウハウを生かし、最適なICT利活用のサービス創出を通じて、皆様と共に快適で豊かな社会を築く役割を担うことであります。

 社会はデジタル革命の変革期を迎え、クラウド、ビッグデータ、IotやAIなど新技術によるデジタルビジネスが急速に拡大します。 新たなイノベーション時代に対応するため「いつでも安心して、つながるサービス」のビジネスコンセプトに基づき、 新データセンターを核にBPO機能を網羅したファシリティ強化を図り、更には新技術に対応する技術者育成の役割を担う 「YCCビジネスセンター」を拡充しております。 この新たなビジネスプラットフォームでは、富士通グループや全国の地域会社と連携を強化し、 最新技術を駆使したデジタルビジネスの対応力や広域エリアでのデリバリー力の強化、 更には、強靭なBCP災害対処コンソーシアムの高度化などに取り組み、社会のICT利活用の進展に貢献して参ります。

 ワイ・シー・シーはいかなる時代も、自由な発想と創意工夫、そして地道な努力により、 地域社会と産業の発展を支える情報通信技術を提案してまいります。

今後ともご指導ご支援いただきたく、よろしくお願い申しあげます。

株式会社ワイ・シー・シー代表取締役社長長坂 正彦

企業情報メニュー

PC表示スマホ表示