お使いのブラウザでは、正確に表示できない場合がございます。ブラウザを最新のバージョンにアップデートしてご利用ください。

コンピューターを駆使して社会の価値を創造するサイトマップ

ここから本文です

コンピューターを駆使して社会の価値を創造する

目覚しい発展を続ける情報ハイウェイ時代において、情報通信技術は私たちの日常生活に欠かすことのできない社会インフラとして成長を続けています。公共、医療、保健福祉など幅広い分野で、お客様に最適な情報システムと技術サービスを提供するYCCの使命は、情報通信技術を駆使して地域社会の発展に貢献すること。
お客様の多様なニーズにお応えできる信頼性の高いプロフェッショナル集団として、高い目標と可能性を追い求め続けています。

主なサービス

ソリューション紹介

発達・教育支援システム

子供達が教室で勉強している写真

「発達・教育支援システム」は、発達障害により支援を必要とする子どものための「個別支援計画」を中心とした成長記録などの情報を一元管理し共有化するシステムです。
2016年(平成28年)に改正された「発達障害者支援法」により、行政機関に求められる個々の子どもたちに対する「切れ目のない支援」体制をサポートします。

発達・教育支援システムについて(PDF形式 1475KB)

関連記事サイト自治体通信YCC関連へ

コミュニーケーション支援・会話の見える化アプリ(UDトーク)

UDトークイベント写真

UDトークはコミュニケーションの「UD=ユニバーサルデザイン」を支援するためのアプリです。1対1の会話から、多人数の会議まで、使い方次第で様々な場面に幅広く活用できます。さらに、講演会やトークイベントでのリアルタイム字幕対応や、議事録の作成支援としても活用されています。

UDトークの5つの特徴

  1. 音声認識でバリアフリーコミュニケーション
  2. 多言語翻訳でグローバルコミュニケーション
  3. ひらがな変換で世代間コミュニケーション
  4. 会話内容の音声+テキスト保存により、議事録の作成やレポートの作成を支援
  5. その他の付加価値
    • 音声合成・感情認識
    • ウェアラブルデバイスとの連携
    • AR(拡張現実)機能

導入事例や法人プランの価格など、詳しくは以下のUDトーク情報サイトをご覧ください。

UDトークサイトバナー

UDトークはShamrockRecords株式会社の登録商標です。
弊社(株式会社ワイ・シー・シー)は、UDトークの正式販売パートナーです。

<トピックス>

2018年5月17日【運用レポート】アクセシビリティの祭典2018(別ウインドウが開きます)
2018年5月11日【運用レポート】日野市生活課題産業化シンポジウム(別ウインドウが開きます)

<導入レポート>

学校法人 駿台甲府学園(別ウインドウが開きます)
株式会社キトー(別ウインドウが開きます)

イベント情報

ネーミングライツ(命名権)獲得

調印式が行われた特別会議室の写真 2019年4月1日から、山梨県民文化ホールは「YCC県民文化ホール」に名称変更されました。

昨年の12月6日に山梨県民文化ホールのネーミングライツ(命名権)を当社が取得いたしました。

◆ 応募の動機 ◆
「山梨県民文化ホール」は、「県民会館大ホール」の呼称で広く県民に親しまれた舞鶴公園の隣接施設の流れを汲む文化施設です。
そこは、地域社会における人と人との交流促進や国内外からの著名アーティストや専門家に直接触れる機会を提供し、 また本物に出会い鑑賞できる場として山梨県の文化芸術振興に重要な役割を担っています。
今回応募するにあたっては、その認識を前提に、多くの地域の方々に新たな時代に向けなお一層の関心を持っていただければと思い「県民」の名称を復活させました。
同時に、ソフトウェア・情報サービス産業の知名度向上にも寄与したいという思いも込めてネーミングライツに応募しました。

世界オープンデータの日 八王子市で考える井戸端会議

八王子IODDイベントの写真 2019年3月2日に行われた、八王子IODDイベントの様子

2019年 3月 2日(土)八王子オープンデータデイイベント終了しました。以下に概要を報告します。

「八王子を中心に、まちの魅力を高めたい、課題を抱えている人を助けたい。」

といった思いを持って活動している方々をお呼びして、話を聞いて、皆で知って、考えて、アイデアや、何か出来ることを考えよう。という企画でした。

  1. フードバンク・こども食堂・就労支援等について
    一般社団法人フードバンク八王子 理事 川久保 美紀子さん
  2. 観光事業・コンベンション事業の振興について
    八王子観光コンベンション協会 事務局 次長/MICE推進課 課長 岩坂 明さん
  3. 農福連携・就労支援・農業体験・里山保全等について
    NPO法人 YUGI 代表理事 鈴木 亨さん
  4. 空きテナント活用・クリエイター支援・デザイン事業・まちづくり等について
    NPO法人AKITEN 代表 及川 賢一さん
  5. オープンデータを活用したアプリ開発等の報告
    Interrupt LLC. 代表社員 CEO 久保 直子さん

今年はCode for Hachioji主催の拡張井戸端会議というゆるい形式で、活動団体、行政職員、市議会議員、企業、大学の皆さんに集まっていただき、短時間ながら濃い内容盛りだくさんの有意義な意見交換が出来ました。
グラレコでのトークのまとめや、UDトークを使ったリアルタイム字幕など、初の試みにもチャレンジ! 大好評でした。
関係者の皆さまありがとうございました!

韮崎市青少年育成プラザ「Miacis(ミアキス)」へiPad Proを贈呈しました。

iPad Pro贈呈式の写真

2019年3月25日(月)、山梨中央銀行様の地方創生私募債を活用させていただき、韮崎市青少年育成プラザ「Miacis」へiPad Proを贈呈させていただきました。

場所:韮崎市民交流センターNICORI 地下1階 Miacis内

<Miacis関係者の皆様>
韮崎市役所 教育課 生涯学習担当 清水 信 様
韮崎市役所 総合政策課 人口対策担当 宮川 祐文 様
NPO法人河原部社 理事長 松本 恵子 様
NPO法人河原部社 施設長 西田 遥 様
NPO法人河原部社 中高生スタッフ 佐藤 杏 様

贈呈式は、仲介役である山梨中央銀行様の司会進行により執り行いました。

韮崎市青少年育成プラザ「Miacis(ミアキス)」のサイトはこちらからご覧ください。


http://miacis-nirasaki.com/(別ウインドウが開きます)


山梨中央銀行地方創生私募債について

本私募債は、地方創生に資する取組みとして創設した商品であり、私募債発行に際して、当行が発行企業さまから受け取る手数料の一部を優遇し、発行企業さまが手数料優遇分を原資として、図書・学習用品・事務用品などの教育関連物品を購入して地域の学校等へ寄贈をいただく商品です。
当行は、本私募債を通じて、お客さまの多様な資金ニーズに応えるとともに、お客さまとともに地域の将来を担う子供たちの教育支援を通じた地方創生の実現に貢献してまいります。

2019年1月 多摩市役所様にUDトーク導入!

トライアルを経て、2019年1月、多摩市役所様にUDトークの法人向けプランを導入しました。先ずは庁内の会議における議事録作成の支援等、既存の事務の改善や見直しを図ることを目的とて利用していきます。今後、利用効果を検証しながら市民向けセミナーでの活用や市民窓口での活用も検討していかれるようです。

しっかりとサポートしていきますので、よろしくお願いします!

新卒・キャリア採用情報

エントリーはリクナビ2020にて受け付けております。会社説明会も受け付けております。リクナビ2020サイトバナー 別ウインドウが開きます

4月以降のYBS企業ガイダンスにも当社は参加いたします。
詳しくは採用情報ページをご覧ください。

採用情報ページを見る

株式会社ワイ・シー・シーは、ヴァンフォーレ甲府を企業サポーターとして応援しています。

株式会社ワイ・シー・シーは、「ハートリボン運動」に協賛しています。

株式会社ワイ・シー・シーは、やまなし心のバリアフリー宣言事業所に登録しています。

株式会社ワイ・シー・シーは、科学の甲子園を応援しています。

PC表示 スマホ表示