お使いのブラウザでは、正確に表示できない場合がございます。ブラウザを最新のバージョンにアップデートしてご利用ください。

コンピューターを駆使して社会の価値を創造する
Language 文字のサイズ
サイトマップ

沿革

ここから本文です

昭和41年 1966年 5月 (株)山梨計算センター創立
昭和42年 1967年 3月 新社屋(現在地)に本社移転
昭和45年 1970年 4月 FCA(FACOMセンター協議会)加盟
昭和45年 1970年 7月 資本金 増資1,930万円
社団法人 日本情報センター協会加盟
昭和46年 1971年 4月 土地・社屋取得登記
昭和48年 1973年 3月 資本金 増資2,750万円
昭和52年 1977年 3月 資本金 増資5,000万円
昭和55年 1980年 10月 関連会社(株)データエントリー設立登記
昭和57年 1982年 9月 情報処理サービス業電子計算機システム安全対策実施事業所通商産業大臣認定
昭和58年 1983年 10月 特定サービス産業実態調査協力により通商産業大臣から表彰
昭和58年 1983年 11月 社団法人日本情報通信振興協会加盟
昭和59年 1984年 9月 情報化社会に対応するためコンピュータ棟ビルを本社構内に新築する
平成元年 1989年 5月 (株)ワイ・シー・シーに社名変更
関連会社(株)ワイ・シー・シー・データエントリーに社名変更
平成2年 1990年 2月 システムインテグレータ通商産業大臣登録
平成2年 1990年 4月 資本金1億円に増資
平成3年 1991年 2月 東京支社開設
平成4年 1992年 10月 通商産業大臣より情報化貢献企業表彰
平成7年 1995年 12月 資本金1億7,842万円に増資
平成9年 1997年 4月 平成行動計画(5カ年計画)スタート
平成11年 1999年 4月 新人事システム実績評価制度導入
平成12年 2000年 4月 VCN(株)バリュースクェアに出資
平成12年 2000年 10月 首都圏事業拡大のため「株式会社アクティー」設立
平成12年 2000年 12月 「自治体ネットワークコミュニケーション21」開催
平成13年 2001年 4月 プライバシーマーク使用許諾
「2001-5/中期5ヵ年計画スタート」
平成13年 2001年 12月 ISO 9001:2000 認証取得
平成14年 2002年 6月 システム監査台帳登録(経済産業省)
平成14年 2002年 7月 「e-Japan ソリューションフォーラム 2002」開催
平成14年 2002年 8月 資本金2億1,200万円に増資
平成15年 2003年 4月 福祉機器 設計・製造・販売のため「ウェルフェア株式会社」設立
平成15年 2003年 10月 ISMS(情報セキュリティマネージメントシステム)認証取得
経済産業省 情報セキュリティ監査企業台帳 登録
平成16年 2004年 9月 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成を受け研究開発した「聴覚障害者用警告音通報システム」の製品化(ウェルフェア株式会社)
平成17年 2005年 9月 ウェルフェア(株) 警告音通報装置「はんでぃーあしすと」研究成果発表
平成17年 2005年 12月 「株式会社デジタルアライアンス」(県情報ハイウエイ管理運営会社)に出資
平成18年 2006年 4月 創業40年 新生YCC「2006-8/中期3ヵ年計画(N401)」スタート
平成19年 2007年 7月 東京支社移転(八王子市明神町三丁目20番6号 八王子ファーストスクエア6F)
平成20年 2008年 7月 ソフトウェア開発オフィス拡充のため「YCC4号館(JA会館南別館内)」増設
平成20年 2008年 8月 ウェルフェア(株) 緊急車両等警告音通報装置「ロードケア」
(旧名称:はんでぃーあしすと)発売
平成21年 2009年 4月 新生YCC第二次中期3ヵ年計画「2009-11/N402」スタート
平成21年 2009年 7月 首都圏マーケット拡大に伴う拠点として「新宿オフィス」を開設
平成23年 2011年 1月 首都圏地区、東海地区、関西地区への更なるビジネス拡大の拠点として「汐留オフィス」を開設
平成23年 2011年 9月 作業環境改善のためコンピュータ棟の改修
平成24年 2012年 4月 新生YCC第三次中期3ヵ年計画「2012-14/N403」スタート
平成25年 2014年 10月 ISO/IEC 27001:2013 認証取得
平成26年 2015年 4月 新生YCC第四次中期3ヵ年計画「2015-17/N404」スタート
平成28年 2016年 5月 創立50周年
平成28年 2016年 7月 大規模災害を想定し、FCA(富士通系情報処理サービス業グループ)が富士通と共同で「センター相互応援コンソーシアム」を設立。当社を含め全国42社が参加。
(複数事業者による共同備蓄・緊急配送を全国展開)
平成29年 2017年 3月 多彩な機能を網羅したビジネス連携プラットフォーム
「新社屋・データセンター棟」落成
平成30年 2018年 4月 新生YCC第四次中期3ヵ年計画「2018-20/N405」スタート
平成30年 2018年 12月 山梨県民文化ホールのネーミングライツ(命名権)を取得
平成31年 2019年 4月 「YCC県民文化ホール」としてオープン

企業情報メニュー

PC表示スマホ表示